CAD導入時の注意点は?CADの種類を知っておこう!!

Posted On
Posted By admin

2次元CADと3次元CADのどちらを導入するか

素人が何かを作るときは設計図なしで何となく作るときもあるでしょう。しかしビジネスとして物を作るときは誤差なく作る必要があるので設計図が必要になります。かつては手描きをしていたかもしれませんが、現在はコンピュータを用いたCADシステムの利用が増え、作業効率がかなりアップしているようです。CADが登場した当初から今でも使われているのが2次元CADで、平面図での設計が行えるのが特徴です。一方新しいタイプとして3次元CADがあり、こちらだと平面図だけでなく立体での設計も可能です。3次元CADは便利なように感じますが、価格は2次元CADよりも価格が高くなり高速処理のパソコンが必要になります。立体での設計の必要性でどちらを選ぶかを決めると良いでしょう。

専用CADと汎用CADのどちらにするか

設計図を作成するためのシステムとしてCADがあり、建設業界だけでなく電子機器の設計等色々な分野の設計で使われています。建設業界だけでも建物の設計の他土木や配管、配線などがありますが、同じ人や同じ課で設計をするのではなくそれぞれ専門の担当者が設計をするケースが多いでしょう。もしCADを導入するのであれば、専用CADにするか汎用CADにするかを決めた方がいいでしょう。専用CADはある分野や業務に特化したCADで、それぞれの業務に必要な機能しかなく操作がしやすい特徴があります。一方汎用CADは色々な分野に対応していますが、その分たくさんの機能が付いているので修得に時間がかかるかもしれません。分野が決まっているなら専用CADの方が良さそうです。

電気CADは、パソコンで電気設計の作業をするためのソフトウェアです。電気製造業や電気工事業において業務の効率化を図るためには欠かせない存在です。

Related Post